空を目指したトビウサギ

キバリです。更新は気が向けば。過去は二次創作東方話を書いていました。今は雑談多め。多分。

慧音先生の能力について(適当)

※これはキバリの解釈(?)です。※

 

慧音「妹紅!昨夜分かったが、私の栗羊羹食べたのやっぱり妹紅だったんだなっ!」

妹紅「え?!なんでバレたの?!」

慧音「歴史を見たんだ。」

妹紅「え?」

慧音「どうした」

妹紅「慧音前言ったよね?見れる歴史は何かに書かれたものだけだって。私何も書いてないよ??」

慧音「あぁ…あれは『満月の夜以外』の話だ。」

妹紅「ふぇ?」

慧音「人間の時でも歴史を綴っているのは『何かに書かれた歴史』をみているからだ。少しでも満月の時の負担を減らすためにな?そして満月の時には『幻想郷で起こった全ての出来事』を知ることができる。」

妹紅「へー」

慧音「例えば、さっきの羊羹の事とかな?まぁ、他人のプライベートな情報は普通は触れないようにしているぞ。そして、その膨大な情報の中から必要な出来事を歴史にしているんだ。」

妹紅「…」

慧音「理解できたか?」

妹紅「うん…」

 

妹紅「嘘ついて…ごめんなさい…(涙目で上目遣い)」

慧音「……つ、次は許さないからなっ////(優しくおでこに頭突き)」

 

 

前に説明したやつのちょっと付け足しでした。全然ブログ更新できねー!!

最近永琳先生の好感度(?)がものすごい勢いで上がってるからなのか、えりけねにすっごくときめいてる。マイナーCP…ではないよな?

コメ返し。

わんころ>>

そうだよー!!こっからだよー!!もこたんは絶望した。人間という生き物に((

慧音先生がこのことを知るのは結構後だけど、その話は書く予定。多分。

そして展開まで先を読まれてるとは…!!お主、やるな!!