空を目指したトビウサギ

キバリです。更新は気が向けば。過去は二次創作東方話を書いていました。今は雑談多め。多分。

キバ得の恋愛事情について。(適当)

輝「もはや恒例行事になりました。」

今回の議題:キバ得の恋愛事情について。

輝「今回は私とお燐さんとリリーさんの三人でお話しまーす!」

輝「キバ得の恋愛カップリングと言えば?」

燐「もこけーね?」

リ「んーと、ミスうど?」

輝「…今はこの二つが挙げられるわね。後は…リリうどはどうなの?」

燐「うーんと、恋愛じゃないと思います。」

リ「どうだろ?ホワイトの方は割と好きっぽいし。」

輝「あら、そうなの?じゃあ、貴女は?」

リ「……いじめたい相手。」

燐「そうだよねー」

リ「おう。」

輝「へぇー、イナバも大変ねー」

リ「アンタもいじめてるようなもんじゃん。」

輝「いじめてないわよ~?ただ可愛がってるだけ。」

燐「それが愛情ですよね!」

輝「そう!」

リ「月の人の愛情表現って…。」

輝「では、挙げた二つについて話しましょう?まずはミスうどから。」

燐「ミスティアさんの片思いですね。いつになったら告白するのか…。」

リ「あいつの性格のせいだな。内気で、自分の気持ちをいっつも隠して溜め込んで。」

燐「鈴仙さんもまた鈍感でねー…きっとこのままじゃずっと気付きませんね。」

輝「そうね…なら、こちらが告白できるような場を作ればいいのね。」

燐「そうですね~」

リ「でも、ちょっと待ってみようか。あいつが自分でそれなりに頑張れるようになるまで、な。」

輝「私達はしばらく陰で見守る、ということね。なるほど。」

燐「どうしようもなくなった時はこっちで動かすんですねー!分かりました!」

輝「次はもこけーね。」

リ「リア充。」

燐「お熱いカップルですよね~」

輝「ホント、イチャイチャしすぎてるわ。爆発しろ!」

リ「…でも、すっごい楽しそうだよな。」

燐「妹紅さんにとってはもしかしたら今が一番楽しい時かもしれませんね。今までの中で。」

輝「…いつかは永遠の別れが来る。別れが来ると分かれば別れるその時まで楽しむ、か。」

リ「…。」

燐「幸せに、暮らして欲しいですね…。」

リ「ああ…。」

輝「まあ、慧音がいなくなれば、妹紅は間違いなく暴れるわね。あんなに一緒にいた人間なんて今までいなかったらしいし。」

リ「その時は、私たちが支えてやらなきゃね。」

燐「はい。…その時まで無事に生きていれば、ですが。」

輝「んーまぁ、何とかなるわよ。きっと。じゃあ、今回の結論(?)!!」

結論:もこけーねでしんみりムードに。ミスうどを応援してあげたい。

 

最近ミスうどが消えかけていたので話題にしてみた。

コメ返し。

わんころ>>

兎→てゐ です。

キバ得マンガを読めば分かるかしら。メディはてゐと一緒にいた。

こあの性格はいいからなー。敬語ご主人…あれ雷衣玖?被ってる??

 

次回はメディ慧かな。