空を目指したトビウサギ

キバリです。更新は気が向けば。過去は二次創作東方話を書いていました。今は雑談多め。多分。

みすうど過去話 1

更新遅くなりました!すみませんっ!

今回からミスティア×鈴仙の過去話です。どぞ。

 

「~♪」森の中で一人歌う。私が楽しいから。誰のためでもない、私だけの歌。

「…っ、うるせえな…」

声がした。振り向くとそこには狼の妖怪が三匹いた。

「なんだ雀か。なぁ、今日の晩飯これでいいよな?」「え…?」

私が理解する前に一匹が私の頭を掴んだ。「うっ…放して…。」

このままじゃ食べられる…。

その時、森の中に一匹の兎の妖怪が入ってきた。

仲間を呼ばれた…。私は今日が最期だと思った。

しかし、その兎は狼に向かって弾を撃ちだした。

気が付いたら兎と私、二人だけになっていた。

狼たちは逃げていってしまったのだ。「大丈夫…?怪我は無い…?」

兎が優しい笑顔で話しかけてきた。私は小さくうなずいた。

その兎は鈴仙と名乗り、「またここで会おうね」と言って帰っていってしまった。

私も帰ろう。足を踏み出した時。「カツン…」つま先に何か当たった。

拾ってみると、それは三日月のブローチだった。

「誰かの落し物かな…?」私はブローチをポケットの中に入れて、

家に向かって走り出した。

 

続く。

 

コメ返し♪

わんころ>

閲覧サンキュー★

バトルって私も書くの苦手だよん((

勉強になったのかーよかったよかった(^^)

漆黒のスペクトルさん>

良かったですか、ありがとうございます!

小説書かれるんですか!見に行きます!