読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空を目指したトビウサギ

キバリです。更新は気が向けば。過去は二次創作東方話を書いていました。今は雑談多め。多分。

小話

隠された藤の人里

クイズは…サーセン、終わりませんでしたああああorz なので…今日は冬休み最後なので、新しいキバ得設定公開でも。↓ 人間の里、阿求の屋敷。 「ようこそいらっしゃいました。さぁ、どうぞ。」 阿求は、部屋に入ってきた妹紅を座らせ、お茶を出した。 妹紅はあ…

今日は何の日?昨日は何の日?

ポッキーゲームはうどんちゃんだったので今回はもこけね。 連続でこの日が続くとは… * 今日は祝日。寺子屋はお休みの日。 「けーねっ!」銀髪の少女・妹紅は、歴史書の整理をしている慧音を後ろから抱きしめた。 「ん?妹紅、どうしたんだ?」抱きしめられ…

ポッキーゲームをやりたかったんだ。

部活の方で『Q.ポッキーゲームは誰とやりたいですか?』という物を描いたので。 後、もう一人影面子に入れたいお方が…。 「だめーっ!鈴仙とポッキーやりたいのー!!」「いや、私が先だっ!!」 いつもの永遠亭。どうやら、てゐとリリーが鈴仙の取り合いを…

~ imperishable wedding~ 3

前回のひとまとまりから。 その後、歌を歌ったり、霊夢が長い文を読んだりした。 そんな時も私は目を閉じて聞いている慧音を薄目で見ていた。普段はやらない化粧をして、可愛くドレスアップをして私の隣に立っている。 私の心の中に、幸せという感情が芽生え…

~ imperishable wedding~ 2

もう夏休みも残りわずか。宿題は終わってますか? by慧音 結婚式って、難しいね。キバリは2回ほど参列したことがあります。 東方って言うくらいだから、神前結婚式がいいのかなって思ったけれど、慧音のドレス姿が見たかったからキリスト教式結婚式です。…

~ imperishable wedding~ 1

ええ、またもこけねですよ。最近しつこくてホントごめんなさいね! でも、燐こあ(文はできている。PCに打ち込むだけ)と、 今回のもこけね(頭の中だけにある妄想。文はできていない。ノリ←)を比べたら もこけねを選ぶでしょう??(オイ と言う訳で、もこ…

妹紅「白沢は牛なの?」 5

ラスト。くっそう玉ねぎしみるぜ…(何 「けーねーどこー?」「慧音ー出てきなさーい!」 私と輝夜は、どこかに逃げてしまった慧音を探していた。 この、広い広い永遠亭の中を。 「一体何処に行っちゃったんだよ…!というかここ広すぎっ!全然見つからないよ…

妹紅「白沢は牛なの?」 4

多分次回で終わり。 前回の白文字の存在に気付いた人はいるのかな…?? 永琳が薬を作っている間、私と慧音は小部屋で待っていた。やっと二人きりの空間ができた。 「慧音…」「んも?」 慧音は人の言葉を喋れない。けれど今なら何となく、通訳は必要ないと思…

妹紅「白沢は牛なの?」 3

頭痛い。車酔いだよ。キバリンよくなるのよ。ブランコでも酔うし。 「はあい、ただいま。」二刻後。やっとヤブ医者…八意永琳が帰ってきた。 私はすぐに永琳の前に立った。 「おい、これはどういうことだ。」「んもー!」慧音が前に出て鳴いた。 私の後ろには…

妹紅「白沢は牛なの?」 2

漢検受けてきましたー。ええ、『除去』書けませんでしたよ(何 終了一分後に思い出したから悔しくて悔しくて…つらいよぉぉo(ry 「ん?通訳?」「ああ。えっと、時間あるか?」「いいよー大丈夫ー」 私は通訳できそうだなーと思って話しかけたのは、小悪魔と…

妹紅「白沢は牛なの?」 1

↑正式な題名です。 最近弟がマリカやりながら「うわっ、残機減った」とか「くっそう、被弾した」とか言ってるんだけどどうすればいい? ではでは雑談もそれくらいにして… 今回もけーねのケモ化です。ケモ化好きですよケモ化。 でも前回と違って、もこけね以…

お燐の落とした紙

「てるもこ話 2」に抜けている文を発見したので書きました。 今回はほとんど会話文だけです。キバ得面子全員出ます。 これから出る設定はキバ得(キバリの妄想)設定です。 ギャグ…なのかな…? 燐「じゃあ、買い物行ってくるね~」 鈴「はい、いってらっし…

てるもこ話 4

他のと比べるとこれがすっごく短く感じるなー。あ、今回ラストですよー 「んじゃ、私も帰るかー…。」「待ってっ!」輝夜は帰ろうとする妹紅を止めた。 「その…ごめんなさいっ!」突然頭を下げて謝った輝夜に妹紅は驚いた。 「えっと…少し言い過ぎたわ、あの…

てるもこ話 3

ごめん誤字あるかもっ!! 服も所々燃え、火傷を負いながらも、声がした所に辿りつくと、そこには―― 弾幕で火を消している輝夜がいた。 ここまで傷付きながら来た意味が無かった。まさか、絶交した相手がいるなんて。 妹紅は家に戻ろうとしたその時、ふと、…

てるもこ話 2

(^ω^) /もこけねは神の国\ 久しぶりに自分の家に帰ってきた妹紅は、すぐに畳の上に寝転んだ。 ほぼ三ヶ月ぶりの帰宅にもかかわらず、妹紅の家はキレイに片付いていた。 実は、定期的に慧音が、掃除をしに来ていたのだ。 そんな事は知らない妹紅は、天井…

てるもこ話 1

タイトル考える余裕無かったんだ…許せ。 「もうっ!輝夜とは絶交だっ!!」叫び声が永遠亭に響き渡る。 また、妹紅と輝夜は喧嘩をしたようだが、今回はいつもよりも重い空気だった。 永遠亭の兎たちは何事かと二人がいる部屋を恐る恐る覗く。 涙目で輝夜を睨…

獣の血が騒ぐ夜に 8

ついにラストですよー 濃厚な甘いキスは何十秒も続いた。息苦しくなり、唇を離すと、二人の間に銀色の橋が。慧音は唇に付いた涎を舐めると、「ありがとう」とニッコリ笑った。と、その時。 慧音に生えていた角がスルスルと短くなっていった。髪の色も、だん…

獣の血が騒ぐ夜に 7

今回はオールイチャイチャ部分です。あとけーねがケモい。キモいじゃなくて。 「んじゃ、まず何して欲しい?」妹紅はそう聞くと、慧音は「妹紅の好きにしてくれ!」と妹紅の顔を一舐めしてから元気よく答えた。 妹紅はしばらく考えた後、手を慧音の頭の上に…

獣の血が騒ぐ夜に 6

あ、うん、今回とその次すっごい甘いと思うから気をつけてねー 今回微エロ…? 改めて見つめ合う妹紅と慧音。まるで新婚の夫婦のようだ。 「え、えっと、慧音。発情って事は…。」「ん、そこまでヒドイものではないぞ。いつものはやらなくていいぞ。」「そ、そ…

獣の血が騒ぐ夜に 5

一ヶ月が過ぎ、また満月がやってきた。幸いに、今夜は涼しく、過ごしやすかった。 妹紅は鼻歌を歌いながら食器を洗っていた。慧音はもう仕事を始めていた。 妹紅は食器を洗い終え、窓から満月を見た。いつもよりも大きかった。しかし、そんな事は疑問のうち…

獣の血が騒ぐ夜に 4

昨日は醤油工場行ってたので更新できませんでした! シノアサさんのC84のもこけね新刊キタアアアアアアアアAaaaaa!!! 全力で買いに行くze!! 「けーねー明日寺子屋休みでしょーどっか行こー?」「…ごめんな、明日は会議があるからだめなんだ…

獣の血が騒ぐ夜に 3

「…っ、どう?」やっと妹紅が口を離した。二人の間には、銀色の涎の橋が。 慧音はとっさに離れてわたわたした。「なななな何をするんだ妹紅ッ!!」「えーだって慧音が強い刺激って言うからー…。」慧音は妹紅の言葉を聞いてハッとし、腰を見た。 妹紅も同じ…

獣の血が騒ぐ夜に 2

今回危険…? キバリン最近アウトとセーフの境界が分かんなくなってきてるヤバイ。 風呂場。もう何十回も一緒にお風呂に入っているので、お互いの裸は見慣れている。 妹紅は湯船に入って慧音が入ってくるのをまだかまだかと待っていた。やがて、「待たせたな…

獣の血が騒ぐ夜に 1

一つだけ、言わせて下さい。 本当にごめんなさい。 後はメディちゃん4649!! 「え?私?ちょっと、何っ?紙に書いてあること読めばいいの?? …えーっと、 『今回も、もこけねですが、正直これアウトじゃないの?っていう作品です。 文がいつもよりもお…

名前はまだ無い。 5

「あれ…何してたっけ…?」どうやら薬を飲むと、猫化していた時の記憶は曖昧になるらしい。鈴仙とてゐは目をぱちくりさせて、今までの出来事を一生懸命思い出そうとしていた。「うぁ…?何でこんなところで……?」妹紅と慧音も我を取り戻せたようだ。妹紅が周り…

名前はまだ無い。 4

本日満月なり。ヒャッッホォォォィイイ!!!! ついに永琳の部屋に着いた。頑丈な鉄の扉で閉ざされているため、薬は入っていない筈だ。リリーは重い鉄の扉を頑張って開け、叫んだ。「永琳、永琳はいるか!!」すると部屋の奥から返事が聞こえた。どうやら、…

名前はまだ無い。 3

キバリがもこけねを描くとエロくなる。ナゼダロウナー。フシギダナー。(くそっ、永遠亭広すぎるっ…!)まだ、永琳が居ると思われる部屋にたどり着かない。それに、てゐがどれだけ仕掛けたのだろうか、マタタビがいたるところに置いてある。今、どれだけ薬が広…

名前はまだ無い。 2(正式タイトル)

(確か、永琳奥の部屋に居たよな。というか、居てくれっ!!)リリーはそう願って全速力で廊下を飛んだ。今、永遠亭にはリリーとメディスンと、鈴仙、てゐ、慧音、妹紅そして永琳が居る筈。小悪魔と美鈴は今日は紅魔館にいて、ミスティアは八つ目鰻の買い出し…

タイトルを悩んでいます。

お燐が永遠亭に来てからまた騒がしくなった。いつものことだけどね。そんなある日の永遠亭。お燐が買い物に行っていて、いない時。因幡てゐは何か企んでいた。「ここにマタタビを仕掛けた。これで燐もきっとすごいことになるだろう!」らしい。そこにリリー(…

キバリ的にはチョコアイスが好きです。

「最近暑くなってきたね~」妹紅は畳の上をゴロゴロ転がって言った。「ああ、そういえば昨日、アイス買ったんだ。一緒に食べないか?」慧音はそう言って立ち上がった。「やった!食べる!」妹紅は畳の上でゴロゴロしながら喜んだ。冷蔵庫から出してきたのは…